漁師から皆さんの食卓まで、高い品質基準の設定

ノルウェーの起源は海にあります。私たちの伝統は海とつながっています。したがって、私たちはそこに住む全ての生き物に深い尊敬の念を抱いてきました。ノルウェーの漁業管理システムは、厳格な規制に基づく長期的計画に支持されています。ノルウェーでは、25年前から魚の洋上投棄が禁止されており、ノルウェーが主管する海域では違法、無報告、又は無規制なタラ漁はほとんど行われていないことに誇りを持っています。

保護と匠の技

Fisherman standing in the door of the wheel house

ノルウェーでは漁業は本物の技能と認識されています。したがって、優良な品質の水産物を提供するための苦労は惜しみません。ノルウェーは、世界でも初めて魚を追跡できるシステムを導入した国です。現在では、1匹1匹の魚がどこから来たか、また、その健康状態を把握することができます。

ヨーロッパ経済圏の一員であるため、ノルウェーは食品の製造と安全に関し、EUの規則を遵守することを求められています。ノルウェーの品質保証プロセスには以下のものが含まれています。

Two men controlling cod

監視の目

ノルウェー食品安全当局(Norwegian Food Safety Authority)の代理として、全てのシーフード生産工程チェーンが監視されています。我々の厳格な食品安全に対するアプローチは、加工工場の一つ一つが国家基準と国際基準に準拠していることを保障します。

ここで、ノルウェーのシーフードの安全性を確実なものとしている他の産業団体について学ぶことができます。

Women packing fish

自主検査

ノルウェーの加工工場は、一連の自主検査の手順を遵守する必要があります。それには以下が含まれています。

  • ハザード分析(及び)クリティカル・コントロール・ポイント(HACCP)。双方とも国際的に認知されています。
  • 衛生的な生産、並びに適切な消毒ルーチンの文書による記録
  • 施設、並びに製品に関連するバクテリアの監視
  • 地方の工場、加工施設、魚粉、並びに餌の単独検査。

各検査は徹底的な検査で、検査に合格しない商品が発見された場合、そのような製品が工場から出ることはありません。

Landscape: sea and mountains in the background

水質

私たちは、ノルウェーの美味しい白身魚であるタラが生息する、冷たく澄んだ海の水を誇りに思っています。ノルウェー海洋研究所(Norwegian Institute of Marine Research (IMR))が定期的にバレンツ海、ノルウェー海、並びに北海の公海海域の海水中の汚染物質の検査をしています。

このデータには、海水、沈殿物、並びに海洋生物相のサンプル採取、海水・沈殿物中の放射能性汚染物質の監視、並びに沈殿物中のポリ芳香族炭化水素(PHP)分析が含まれます。

Nifes-logo

国立栄養・シーフード研究所(NIFES

NIFESは、魚の餌場からシーフードを食べることによる健康への影響まで、フード・チェーン(食物連鎖)全体を研究する独立した研究所です。そこでは、以下のような研究が行われています。

  • 餌の最適な栄養組成の確立
  • 人間の栄養とそれによる効果に関わるシーフードの研究
  • 望ましくない要素の監視

NIFESは、行政に対しシーフードの製造チェーンに関するアドバイザーの役目を果たし、通称産業漁業省の監督下にある機関です。

知ってよかった

fresh cod fillet

ノルウェー食品基準庁 は、最近、「生鮮(フレッシュ)」という用語の使用に関するガイドラインを出しました。今では、「生鮮」という用語の使用は、「氷上冷蔵された魚」に限定されています。冷凍された魚には使うことができません。ノルウェーのシーフード産業ではタラ用に、「ノルウェー産フレッシュ(生鮮)・タラ」と「スクレイ」の二種類のラベルを用意しています。それぞれについては、特集ページでより詳しいことがわかります。

新鮮なタラ