あなたに重要ことは、私たちにとっても重要です。


ノルウェーは、世界第2位のシーフード輸出国として、すべてのお客様に対し、注意義務を負っています。そして、その責任を真剣に受け止めています。            

私たちは、全世界規模で食品の安全に関心が高まっていることを理解しています。したがって、私たちの徹底した加工に対する考え方や、この問題に関する開放性をもってお客様に安心していただきたいと願っています。

ノルウェーのシステムは国際的基準を遵守していますが、私たちには、独自のより厳格な国家システムがあり、フードチェーンの各ステップを監視することができます。

ノルウェーはEUの食品法と緊密に連携しており、ノルウェーは魚の追跡管理/トレーサビリティシステムを最初に導入した国の一国です。このシステムを通じ、タラがどこから来たかを確実に知ることができます。            

国家レベルでは、通商産業水産省(Ministry for Trade, Industry and Fisheries)が、海運インフラから魚の健康・保護までの責任を負っています。            

ノルウェー食品安全機関は通商産業水産省と協議し、シーフードの安全性に携わっています。これらの2つの機関は、ノルウェーのシーフードが安全に食することができる産物であり、ノルウェーの海がこれからも魚に安全な場所であり続けるべく、尽力しています。

ノルウェーの約束

シーフードは石油に次いでノルウェー第二の輸出製品です。したがって、国際的品質と安全性の基準を超えることができない場合でも、満たすことが、ノルウェー経済にとても重要となります。フードチェーンの各工程で、全員が一体となって働くことを保証することにより、私たちは生産する製品の品質と安全性を守ることができます。一体となって働くことを通じ、皆さんにノルウェー産タラが確かな原産地からのものであることに確信を持っていただけるのです。

Fisherman standing in the door of the wheel house

一体となって働く

私たちの監視システムは、NIFES、NFSA、通称産業水産省、漁師販売組織、NSC、IMR等の核団体が相互に協力し、私たちが掲げる安全と品質のゴールを達成することを求めています。             

一体となって働くことにより、生産プロセスの全体、つまり漁師から食卓までを分析することができ、食品の安全を確保できるのです。産業団体がノルウェーの食品の安全性をどのようにして確保しているか、それぞれの特集ページを参照してください。