ノルウェーの漁業文化

ノルウェーの漁業がいつ始まったかは不明ですが、ノルウェーの漁師たちはノルウェー沿岸に人が住み着いて以来ずっと存在してきました。

海岸線はノルウェー人の人間性の形成に影響力があったと言えます。この細長く、冬が長い厳しい気候条件の国の人口の90%は海岸線に沿って居住していて、漁師の生活は天候と、人間との闘いなのです。「海は与え、海は奪う。」とノルウェー人は言います。彼らは、恵みを捕獲するためには、絶えず海と闘う必要がありました。

海岸線に沿ったまばらな集落と厳しい環境条件はノルウェーの国民性の形成にも寄与しました。国土全体的に大きな都市の勢力を増していますが、田舎の価値観は都市への移動を超越して生き残っています。

ノルウェー人の第一印象は、恥ずかしがり屋、又は控えめと受け取られがちです。ですが、この一見無関心に見える印象の裏には、道徳、正直、寛容を何よりも尊ぶ温かい心の持つ誠実な人が隠されています。屈託のない面は、国中の人々が赤、白、青を纏い、愛する国を祝う5月17日のノルウェー憲法記念日に現れます。

Infographic five men

520万

ノルウェーの人口は520万人

Infographic: a big and a small man. Text: 1.0 0.8 man-years

ノルウェーの主要水産業務における年1人分の仕事は、ノルウェーのその他の商業セクターに年0.8人分の仕事を創出します。

Infographic showing money bag with the number 3.5

ノルウェー水産業で創出される1ノルウェー・クローネは、他のセクターで3.5ノルウェー・クローネを創出します。

社会的影響を測る

ノルウェーで試行している持続可能なシーフード産業の業績を収益で測るばかりではなく、人々、並びに地球に与える恩恵で測ることが重要です。漁業と養殖業における成長は、より広い社会での労働と収入の拡大につながることを研究が示唆しています。

Graph showing the social impact of the Norwegian seafood industry

出典: Sintef, https://www.sintef.no/en/

 

広範囲の経済への恩恵

Fisherman

雇用レベルと国民総生産(GNP)の双方ともノルウェーのシーフード産業が反映されています。ノルウェー産業科学技術研究所(SINTEF)によれば、シーフード産業は2009年に約42,000労働年の仕事を創出し、そのうち18,000は乗数効果によるものでした。

出典: NSC マーケットレポート、2013

1110億ノルウェークローネ(NOK)の生産額のうち、410億NOKが、運輸、住宅、健康産業など支援的業種によって創出されました。

産業の保護

ノルウェーは小さい国ですが、極北に位置する誇り高い国です。そこに住む人の熱意が、ノルウェーを海洋産業で世界最高位の一つに押し上げたのです。石油、ガス、船舶輸送と水産業が、今日のノルウェー社会の基盤を構成しています。これらは全て海の幸とノルウェー人の起業家精神によるものです。

ノルウェーにとって、水産業は死活問題です。漁業は人と自然と調和を保ちながら運営されています。ノルウェーの漁業は新技術を開発することと同義です。ノルウェーの漁業は未来を見つめることなのです。