持続可能性

世界最大の収量

ノルウェーの沿岸はタラの自然な生息水域です。生息水域であり続けているという事実が、タラ漁業に携わるすべての者、団体の努力の証なのです。全員が、持続可能性をノルウェーのシーフードサプライチェーンの中核と認識しているのです。

もっと読む

事実、持続可能性は、海上投棄が禁止された1987年以来、タラ漁業全体を裏打ちしてきました。現在、私たちはこの慎重でパイオニア的なアプローチの成果を目にしています。記録史上最大のタラ・ストック量になっているのです。

ノルウェー産タラの資源

賜物に恵まれている場合、それを保護しなければなりません。冷たく澄んだノルウェーの海は、確かに良質のタラであふれていますが、この貴重な資源が枯渇しないことを保障する必要があります。ですから、私たちは持続可能な漁慣習を守り、皆で分かち合うに充分な、無尽蔵とも言えるタラの恩恵を受けることができているのです。

バレンツ海タラ

ここのタラのストックは、世界最大のストックです。250万トンという、途方もない生物量と推定されています。

沿岸タラ

数量を把握することは難しいのですが、現在この種はリハビリ計画に則って管理されています。

北海タラ

北海のタラに関しては、ノルウェーもストックのレベルに関する協力的な管理をしていますが、EUが管理を主管しています。共同で予防原則に基づく捕獲規制をしています。
Map: Norwegian cod stocks belongs to three different stocks: Barents sea cod, coastal cod, and North Sea cod.
Map with the Barents Sea highlighted
Map of Europe with the Norwegian coast highlighted
Map of Europe with the North Sea highlighted

ノルウェーは既に20年以上も、その時点で最善な科学的アドバイスに基づく、行き届いた魚のストックの管理をしてきました。そして、ノルウェーは、持続可能な水産業の管理における世界的リーダーとして、継続して尽力していきます。

250万トンと推定される生物量があるバレンツ海には、世界最大のタラのストックがあります。2019年、ノルウェーに割り当てられた漁獲割当の総量は328,697トンです。 

ノルウェーの漁業総局は、すべての漁が持続可能であることを最大の目標としています。満足のいく状況ではないストックに対しては、特別措置が導入されます。ストックが将来においても、持続可能な形態で収穫できるように再構築して行くこと目指します。

私たちの海との関係は、国の経済的、文化的、身体的な健全性に重要なパートナーシップ関係にあります。