追跡管理システムは、フード・チェーンの全般にわたり、魚の情報を追跡することを可能とします。捕獲された場所から魚の健康状態の詳細まで、ノルウェー産タラに関するすべての情報がすぐにわかります。

ノルウェーは、このようなシステムを世界でも初めて導入した国の一つで、私たちの業界におけるリーダー的存在で貢献しています。ノルウェーのシーフード管理の重要な部分で、消費者のノルウェー産タラに対する信頼を強化なものとしています。

追跡管理/トレイサビリティがカギを握っているのです。

漁獲証明書

持続可能な漁業の将来を考えるうえで、違法、無報告、無機性漁業は許容されません。私たちの厳しい漁獲割当とマネージメント・プロセスは、私たちの海域での違法、無報告、無規制漁業の数値はほぼゼロであることを保障し、且つ、IUU(Illegal, unreported and unregulated)(違法、無報告、無規制)な魚がEU市場に出回ることを阻止しています。

漁獲証明書は、このゴールを達成することを可能とします。生魚法の下で、野生で捕獲された魚の一次取り扱いは漁師販売協会が管理することになっています。実際には、漁師は捕獲を協会に報告し、協会が漁師に代わって販売します。

この過程で、その魚がどこで捕獲されたかを表示し、全ての現行の規制やクオータに適合していることを証明する漁獲証明書が発行されます。これらの漁獲証明書は、ノルウェー漁業管轄機関である漁業総局に報告されます。

加工/流通過程の管理(チェーン・オブ・カスタディー)

証明書が必要であるということは、捕獲からケータリングまで、魚のサプライ・チェーンを遡って追跡できることを意味します。これはパイオニア的、包括的な追跡システムで、私たちの産業が持続可能であり続けることを保障しています。